• 小笠原の海遊びと星空を楽しむ!!

月を見る

今夜、小笠原の天気は晴れ。半月ぐらいの月が観れています。満点の星空が見たい方には邪魔者扱いされている月。月が出ていると他の星が見えづらくなるのは事実です。でも星空ツアー的には大変ありがたい天体なのです。その役割について学ぶとありがたく見えてくる天体でもあります。

 ベイズンと「海」

「クレーター」といえば月の表面にある円い隕石のぶつかった跡だなとすぐにわかると思います。でも「ベイズン」と言われると?? あんまり難しく考えないでください。41億~38億年前に大きな隕石がたくさん落ちた時期がありました。ベイズンとはその時できた大きなクレーターのことです。今では「~の海」と呼ばれている黒っぽく見えるところがベイズンなのです。

 ウサギの正体

昔の人は月の模様をウサギと見ていたりカニや女性の姿に例えてみていました。月の模様がまさにベイズンなのです。どう見ても月面にウサギを見出すことが出来ない。という方の気持ちすごくわかります。ちょっと無理がある気もしています。でも今更、訂正はできませんよね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です