• 小笠原の海遊びと星空を楽しむ!!

今日は門松のお話し。

お正月に門松を飾る家が少なくなっていますね。
うちでは毎年門松作りをしているのですが、これが結構大変な作業です。
竹を切り出し、松を切り、砂を集めてetc   材料を揃えてからやっと作成に。
全部を作り終えると1日が終わってしまいます。
飾る家が少なくなる理由は作ってみるとわかります。
昔の人達も同じようにこの時期、苦労しながら門松を作っていたことでしょう。

門松を作る時期になると東の空にはふたご座が上ってきます。
ふたご座のなかにあるポルックスとカストルという二つ並んだ明るい星を
「門松星」と呼んでいたそうです。
星に名前を付けるぐらいですがから門松作りは昔の人にとっても
結構手間のかかるイベントだったのでしょう。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です